「蓮ちゃんといっしょに。」

▲この度、浄願寺御遠忌事業と致しまして、ひのすなおさん作マンガ「蓮ちゃんといっしょに。」をこのように本にして出版させていただきました。「蓮ちゃんといっしょに。」は「浄願寺通信」第29座(1999年6月)から始まり、年5回連載中で息子と娘を中心に描く浄土真宗の教えを基にしたマンガです。2019年8月、記念すべき100回目を迎えました。20周年です。)

①ひのすなおさんからの第1回目の時のメッセージです。

マンガの製作は幼稚園の頃から。授業中もセッセとマンガばっかり描いていました。「蓮ちゃんといっしょに。」は子どもの目を通して、親鸞さまに出遇ったらどんな感じかなあ……をコンセプトに描いています。いつまで、どこまで描けるかわかりませんが、これからもよろしくお願いします。

②そして100回目の時のメッセージです。

何かと尊いご縁をいただき、たくさんのお出遇いをいただきました。生まれて半分近くの人生をマンガ描かせていただいてきました。自己満足の中で終わるはずのマンガ制作がこのような形で世に出していただき、本当に幸せです。マンガは私の大切な表現の場です。「○描いて・」だけの絵心しかありませんが、これからも御縁続く限り、描かせていただければ嬉しいです。

③そしてこの度のメッセージです。

ついに! ついに! 20年間描き続けたものが1冊の本になりました! まさかこのような形にしていただけるなんて夢がかないました。この20年間に結婚・出産・離婚など人生の様々な角を曲がってきた作者でしたが、その間も蓮ちゃんは変わることなく紙の上に描かれるのをずっと待っていてくれました。たくさんの方のお力あってできた本ですが、まずは主役の蓮ちゃん!「生まれてきてくれて、ありがとう!」貴方のおかげでこのマンガは生まれました。マンガはまだまだ続きます。

▲現代という泥中の世にしなやかに光を照らすマンガ「蓮ちゃんといっしょに。」そこからいつも私たち一人ひとりに「卑湿の淤泥に、いまし蓮華を生ず。」の仏さまの願いを届けてくださいます。私にとってひのすなおさんは東本願寺の同朋会館補導、青少年部、さらに長浜教区御遠忌のおつとめ おけいこ会、浄願寺御遠忌のポスターデザイン等…古き善き法友であり、まさに「いっしょに。」をくださいました。今、心からお礼申し上げます。これからも末永くよろしくお願い致します。最後になりましたが、出版するに当たってご苦労いただきました宮尾卓さんには本当にありがとうございました。合掌
2021(令和3)年 六月十七日            
浄願寺住職 澤面宣了

※「③この度のメッセージ」と書籍内の「はじめに」を重ねて掲載致しました。
尚、長浜北小学校図書館・長浜北中学校図書館・大谷大学仏教教学センター・大阪教区教化センターの蔵書となります。

蓮ちゃんといっしょに。111

▼ 蓮ちゃんといっしょにバックナンバーを見る