山門掲示板の言葉

●浄願寺山門にある掲示板には、
(前)1日〜15日
(後)16日〜末日
の月2回のペースで教えの言葉を掲載しています。
 ある先生から、布教、伝導ということでいえば、雨の日も、風の日も、雪の日でも、24時間しっかり立っている掲示板を特に大切にと言われたことを思い出します。

2022(令和4)年  山門掲示板の言葉

1月(前) もろもろの衆生は、みなこれ如来の子(みこ)なり
(親鸞聖人)
1月(後) 今、まさに問われていること、志
2月(前) 唯除される者こそ救うのが親心
2月(後) 能力を見て、尊さを見失う
3月(前) 熱と光を求める
3月(後) 次の世代に見せねばならない大人の背中がある
4月(前) 悲しみにこそ光があたる
4月(後) 大地に影を落とす自分に陰を知る
5月(前) 亡き人を憶うことは人類のいのりである
5月(後) 南無阿弥陀仏は人類のいのりの言葉
6月(前) 仏が救わずにおれないのは最後のひとりである
6月(後) 多数の幸せより、さ迷うひとりのために
7月(前) 仏弟子として生きる
7月(後) 水のようにやわらかく
8月(前) 善人が救われるなら悪人はなおさらである(要旨)
(親鸞聖人)
8月(後) 善人は自力をたのみ 悪人は他力をたのむ
9月(前) 法名は生きていく上で道標となって、
亡くなられてからは諸仏としてのお名前になる
9月(後) 亡き人から合掌のご縁を頂いている
10月(前) 「人類」だけでなく「十方衆生」へ

過去の掲示板の言葉

2022(令和4)年  山門掲示板の言葉

2021(令和3)年  山門掲示板の言葉

2020(令和2)年  山門掲示板の言葉

2019(令和1)年  山門掲示板の言葉

2018(平成30)年 山門掲示板の言葉

2017(平成29)年 山門掲示板の言葉

2016(平成28)年 山門掲示板の言葉

2015(平成27)年 山門掲示板の言葉

2014(平成26)年 山門掲示板の言葉

2013(平成25)年 山門掲示板の言葉

2012(平成24)年 山門掲示板の言葉

2011(平成23)年 山門掲示板の言葉

2010(平成22)年 山門掲示板の言葉

2009(平成21)年 山門掲示板の言葉

2008(平成20)年 山門掲示板の言葉

2007(平成19)年 山門掲示板の言葉

2006(平成18)年 山門掲示板の言葉

2005(平成17)年 山門掲示板の言葉

2004(平成16)年 山門掲示板の言葉

2003(平成15)年 山門掲示板の言葉

2002(平成14)年 山門掲示板の言葉

2001(平成13)年 山門掲示板の言葉

2000(平成12)年 山門掲示板の言葉

1999(平成11)年 山門掲示板の言葉

1998(平成10)年 山門掲示板の言葉

1997(平成09)年 山門掲示板の言葉

1996(平成08)年 山門掲示板の言葉

1995(平成07)年 山門掲示板の言葉

1994(平成06)年 山門掲示板の言葉

1993(平成05)年 山門掲示板の言葉