テーマ 2017(平成29)年 二十二日講鏡割り法要 (155座) 

2017(平成29)年2月1日

1月20日〜21日、松宮宗顕様宅にて、二十二日講鏡割り法要 (まわり仏さん)が勤まりました。
(浄願寺通信に写真を何枚か追加しました。)

二十二日講について

一七八八年一月三十日、京都の大火により、第十九代乗如上人の時、東本願寺が焼失しました。その後、再建にあたって、国もとを離れ、お小屋(詰所)に合宿し、従事された湖北三郡のご門徒方の労苦に対して、本山より、御寿像(ごじゅぞう)と御書(ごしょ)が下附されました。これは今まで、先例もないことで、当時の代表の人々は、法義相続の願いをひとつに、乗如上人の御命日(二月二十二日)にちなみ、湖北三郡一円の二十二日講を組織されました。それ以来、毎年二十二日講の法要が勤まり、今日まで、二百年以上の歴史を重ねています。相撲町に於いても、毎年一月末頃、ご門徒の家を御宿とし、勤められています。

↑お宿の松宮宗顕様宅に提灯設置

↑お宿の松宮宗顕様宅に提灯設置(夜)

↑お内仏(仏壇)の横、床の間に右から、南無阿弥陀仏、乗如上人、教如上人の御影

↑二十二日講鏡割り法要日程

1月20日午前9時半

↑総会(司会 藤居英次様)

↑総会

↑勤行

↑御書拝読

↑法話 曽我謙成先生(米原市一色 等倫寺住職)

↑仏法聴聞

午後1時半

↑勤行

↑勤行

↑勤行

↑御書拝読

↑法話 曽我謙成先生(米原市一色 等倫寺住職)

↑仏法聴聞

午後7時

↑勤行後、御書拝読

↑御書拝聴

↑法話 曽我謙成先生(米原市一色 等倫寺住職)

↑二十二日講煎餅とお茶

↑二十二日講煎餅とお茶

1月21日午前9時

↑勤行

↑御文拝読

↑相撲二十二日講役員様

二十二日講(御巡化法要)の運営組織と厳修方法

二十二日講の組織は湖北一市三郡を六つの地区に分けて構成されています。 
1、旧長浜町 
2、旧坂田郡西部(山西) 
3、旧坂田郡東部(山東) 
4、旧浅井郡東部(上組) 
5、伊香郡一円 
6、旧浅井郡西部(下組)
 毎年十二月二十六日から翌一月八日まで、二幅の御影を双懸(そうけん)して「御越年(ごおつねん)法要」が営まれ、参詣された各組の代表者がここで供えられたお鏡(二十四枚)を分けて頂いて帰り、これに餅米をつき混ぜ「鏡割り法要」を厳修し、この御座にお参りした各集落の世話方は、頂いたお鏡に更に餅米をつき混ぜて必要な量のお鏡やお華来を作り、集落毎の「御巡化(ごじゅんけ)法要」をお勤めしてお供えを各戸に配られる仕組みになっています。 
 「御越年法要」はこの組織の一から六の順序でお勤まりになり、その後、一から三の組織で一幅の御影が、四から六の組織であと一幅の御影が御巡在になりますが、「鏡割りお講」は各組織のそれぞれ数カ所(概ね旧村落)で、営まれ、そのあと各集落への御巡在となる訳であります。 
 こうして、湖北二市二郡全ての御門徒が二十二日講の御縁にお遇いすることが出来るようになっています。今日、私たちはこの勝縁に遇い、乗如上人の御苦労、我がご先祖のご苦労と喜びの姿を偲びつつ、更に二百有余年連綿と伝えられてきた法悦の歴史を感じて、掌を合わす我が身の誇りと幸せを噛みしめたいものであります。

二十二日講参考資料より

2016年 歓喜光院乗如上人 御越年・鏡割・御巡化法要日程


第十九代 歓喜光院乗如上人 二十二日講 組織表


編集後記

講師の曽我謙成先生はお話の中で、ずばり「念仏の声が聞こえなくなった」と語られました。
1989(平成元年)以来、相撲町での二十二日講鏡割り法要のご縁、また、4年後の御遠忌法要に向けて、今こそ念仏の声の回復が願われています。 

※法要日程表は佐藤義成様(湯次 満徳寺住職)から頂きました。

※写真は藤居通夫様から頂きました。

※今年度の浄願寺門徒総代名の報告は3月号に記載させていただきます。


▼浄願寺通信一覧に戻る


▼トップページに戻る
<<前のページ | 次のページ>>